ブログ

【不合格10回】価値の低い広告枠でAdSenseに受からなかった原因と対策

アドセンス

こんにちは、はがっち(@uzr4b)です。

ついにやりました!!グーグルアドセンス合格です!

長かった……。長すぎた。

ということで今回は、「どうやったらアドセンス審査に合格したのか」という内容で書いていきます。

以下の条件に当てはまる人は読んでみてください!

 

  • 価値の低い広告枠でめっちゃ落ちてる
  • サイトを新しく作りたくない
  • いろんな対策記事は見たが、いまいちわからない
  • グーグルに好かれる記事の書き方がわからない
  • 不合格通知がすぐに来る人
  • 情報がありすぎてよくわからない
  • アドセンスポリシーを熟読とかムリ

 

悩むくん
悩むくん
自分に価値がないみたいやん..Googleはん、ひどい…
はがっち
はがっち
僕は以前、すべて当てはまっていました..

上記にすべて当てはまっていながらなんとか合格した僕ならきっとあなたの悩みに答えられる内容の記事がかけると思います。

価値の低い広告枠でAdSenseに受からなかった原因と対策

アドセンス対策

いろんなサイトを見てもわからなかったので、いっぺさん(@ippe_taicho)のコンサルを受けました。

いっぺさんは「アドセンス 受からない」というキーワードで1位に君臨しておられるゴッドです。

現在複数サイトを運営されています。

はがっち
はがっち
本業は広告運用業て、その道のプロやな

なんと今回は無料のコンサル!!

 

その結果23日間に及ぶ戦いの末、なんとか合格することができました。いっぺさんありがとうございます!

 

*今回はコンサル内容について「全て出して良い」といういっぺさんからの許可が下りたので23日間の記録を惜しみなく出していこうと思います。

グーグルアドセンスの審査は厳しくなっている

難易度上昇

まず初めになのですが、アドセンスの審査は年々厳しくなっているそうです。

なので昔の対策記事を見ても今は効果がないことが多いと思います。

なるべく最新の対策記事を見ましょう。

「申請から2週間開けなくてはいけない」、「記事数は最低30記事必要」などの情報はもはや全く誤った情報になっています。

はがっち
はがっち
この記事は新鮮マックスです!

価値の低い広告枠から通るためにやったこと

コンサルを受けた

僕はアドセンス合格のための対策を最初は自分だけでやっていました。

4回ほど落ちた後、「あ、これ無理や」と思ってコンサルを申し込んだ感じです。

なので自分がやった最低限の対策と、いっぺさんのコンサルを受けて改善した対策の2つを紹介していきます。

自分でやった改善方法

まずは僕がいろんなサイトを漁りまくって独学でやった対策を書いていきます。

 

  • 日記記事などにnoindexをつける
  • コピペチェックツールを使う
  • 引用元を表記画像にaltタグをつける
  • プライバシーポリシー設置
  • サイトマップ作成
  • お問い合わせフォーム作成
  • プロフィール作成
  • サチコ登録

 

こんな感じです。

 

この時はこれから果てし無く大変なことになるとは思ってもいませんでした。

はがっち
はがっち
こんだけやったし受かるべ!

みたいな。

しかし、大体いつも4時間後くらいには不合格通知が来ました笑

僕的にはとても頑張ったと思ったのですが、全然ダメだったようです。

AdSenseのコンサルをお願い

「アドセンス 受からない」というキーワードトップ記事である以下の記事を発見。

上記記事のチェックリストを埋めつつ、ダメ元で当時コンサルを募集停止していたいっぺさんにTwitterでDMを送りました。

 

TwitterDM

なんと、コンサルを快諾していただけることに!

はがっち
はがっち
奇跡的や、勇気出して言ってみるもんやな

そしてここから僕といっぺさんの戦いが始まります。

先に言っておきますと、かなりキツかったです笑
正直、コピペチェックしたくらいで疲れていた頃を殴りたいですね。

コンサルを受けた順番に書いていきますが、ザッと以下のことをアドバイスいただきました。

不足部分の追加と、SEO記事の書き方です。

では詳しく見ていきましょう。

まずはプロフィールの充実です。

どんな人が書いているのかという「属人性」をグーグルは見ている可能性がある、といういっぺさんのアドバイスに従い、100文字くらいのプロフィールをまずはご指摘いただきました。

100文字だとその記事自体が低品質なコンテンツとなる可能性があるためプロフィールの充実をメインにしてもらいました。
検索からきたユーザーにも自分を知ってもらえますしファンになってくれく可能性もあるのでプロフィールが充実していることにマイナス要素はないと思っています。
アドセンス合格は「いかにマイナス要素を無くし、プラス要素を作るか?」の総合力勝負だと思っています。

byいっぺさん

 

リライト後↓

プロフィールこんにちは、はがっち(@uzr4b)です。 インターンをしながらブログを書きながらプログラミングをしている大学生です! SN...
  • 記事数:2000程度
  • お問い合わせフォームをプロフォール内にリンクとして設置

上記のように、いっぺさんのアドバイスに沿ったリライトが完了しました。

この時点で調子に乗った僕は一度アドセンス申請してみました。

はがっち
はがっち
まあ、受からないよね。はいはい

当然のごとく落ちましたが、当時の僕はコンサルを受けたことで舞い上がり、すぐに申請してみちゃったのです。

しかし、ここからが本当の戦いのスタートです。

  • アドセンス審査になんども落ちている方
  • 記事数が多い方(10記事以上)

 

上記の人は以下のように2つの選択肢があります。

  1. 新サイトの作成
  2. 下書き作戦

新サイトの作成とは、アドセンス合格のために新たにドメインを取得して1から審査用の記事を書いていく方法です。

下書き作戦とは、既存の記事を下書きに戻し記事数を絞ることによって、質の高い記事を集中的にリライトしていく方法です。

では、順にみていきましょう。

記事を選抜する

「記事を下書きに戻す場合PVはガタっと下がるし、いつ受かるか人によるので合格しないことが長期化するとモチベーションが下がりまくる可能性があります。」といっぺさんにアドバイスされましたが、

「ドメイン代もかかってくるし下書きかなと思いました」と伝えた所「今回は下書き作戦でいきましょう!」

と言っていただいたので、下書き作戦を選びました。

 

選んだ4記事は以下の4記事です(最初は5記事を選びましたが、合格時はこの4記事です)。

エンジニアインターン
未経験からエンジニアインターン合格したので経歴と面接について書いてみるこんにちは、はがっち(@uzr4b)です。 先日エンジニアインターンに合格させていただきました。 https://twitt...
音声学習の科学的効果と具体的なやり方、オススメツールを紹介こんにちは!はがっち(@uzr4b)です。 突然ですが、あなたは今時間を作って勉強することができていますか? なかなか難しい...
【直前対策】一週間で点数を400点→600点に上げたTOEIC勉強法こんにちは!はがっち(@uzr4b)です。 今日の朝、11月26日に実施されたTOEICのテスト結果が郵送されました。 一週...
ワイヤレスイヤホン
【徹底レビュー】半年間使ったBeatsXイヤフォンのメリット・デメリットこんにちは、はがっち(@uzr4b)です。 また、素晴らしいアイテムを買ってしまった… ということで、遂にAppleのワイヤ...

選んだ理由としては、アナリティクスの数字がある程度あり、自分が好きな記事です。

 

この時、当ブログ(自己投資ログ)のPV頭である記事と収益頭である記事を下書きに入れました。

はがっち
はがっち
苦渋の決断でした..

しかし、目標がブレるといけないので規則と数字で判断しました。

PV頭はYMYLに抵触してそうな感じの記事だったので。

チェックした数字は検索ボリュームとアナリティクスです。
(検索ボリュームについては後術します。)

 

はがっち
はがっち
検索ボリュームの関係で5記事から4記事にしています

下書き記事のURLを削除する

さて、ここで記事を下書きにしたのは良いのですが、これだけだとクロールに引っかかってしまいます。

下書きに戻しても、このURLの削除を行わないと検索結果に表示されてしまうのです。
「このページは存在しません」とかいう感じになってしまうそうです。

つまり、価値のないページが依然としてグーグルにチェックされるということです。

 

URLの削除はマストで行いましょう。

上記記事を参考にしました。

 

また、削除したら、

「site:あなたのブログのurl」で検索してきちんとurlが削除されているか確かめましょう。

当サイトの場合、「site:https://hagahiro.com」になります。

記事をえらんだらその精鋭記事たちをリライトして個々の戦闘力をあげていきました。

記事の質を上げていく

いっぺさんのアドバイスに沿って、選んだ記事の質を上げていきました。

  • 記事タイトルのつけ方
  • H2タグの使い方
  • 画像を入れる
  • 上位記事をチェック
  • 本文の質を高める

主に上記の通りです。細かく見てきます。

ーー記事タイトルのつけ方ーー

いっぺさんの記事を熟読します。

・検索ボリュームを調べる
・競合のタイトルをチェックする
・狙うキーワードの明確化

「おすすめ勉強法○選!」という記事が上位していることが多かったら、自分の記事にも○選のようなワードとコンテンツを入れていきましょう。

ーー見出しタグのつけ方ーー

いっぺさんおすすめの記事を読みました。

 

大切なのは大きな見出しからグーグルに評価されていくということだと思いました。

またrelated-keywordなどのツールを使い、狙ったキーワードと関連性の高いものから上位の見出しタグにするという部分は目から鱗でしたね。

 

ーー画像を入れるーー

文字だけだと相当文章が面白くない限り、離脱されてしまう可能性が高まります。

適宜画像を入れていきましょう。

h2タグの下には必ず設置しました。この時に画像にalt属性をつけるのもやりました。

 

ーー上位記事のチェックーー

記事の選抜時点で自分が狙っているキーワードを控えておきます。

さらに、そのキーワードで上位3記事のタイトルと見出しを控えます。

エクセルとかでいいと思います。

ブログタイトルサーチ
はがっち
はがっち
「TOEIC 600点」で狙った記事の上位記事リサーチです

 

ーー本文の質を高めるーー

ここからは本文の質を高めていきました。離脱率を下げるためにユーザーにとってストレスの少ない記事にするためです。

  • 箇条書きは簡潔に
  • YMYLに抵触しそうな表現は削る
  • 引用元をかく

箇条書きはあくまで見やすくするものなので、出来るだけ簡潔にして、深掘りしていく感じです。

YMYLについては、いっぺさんの記事を読みました。

僕は宗教的な表現があった文章を削りました。

「音声学習は洗脳的な効果を生みます」という表現です。

いっぺさん
いっぺさん
監禁・洗脳・信者というキーワードは良い表現ではないしGoogleにも過激なコンテンツと認識されないためにも削除をお願いします。
YEYL
はがっち
はがっち
いっぺさんの添削細かすぎてやばい笑

 

記事をサチコに登録する

 

サチコ登録

リライトが終わったら、サーチコンソールに登録していきましょう。この作業も大切です。Googleにページを認識してもらうためです。

ついに合格…!!

僕は上記すべてをやっていた時いっぺさんから「削除されていないURLありますよ」と指摘されました。

「site:サイトURL」で見ないと確かめるのが難しいですが、デフォルトで入っているページなどが下書き化されずに価値が低いとして判断されている場合があります。

 

僕はJINというワードプレステーマを使っているのですが、サンプルページなどが削除されていませんでした。

 

ここが僕にとって合格の最後の壁だったのかなと思います。いっぺさんがいなければ気づけていなかった。

はがっち
はがっち
感無量

とはいえ、この部分だけチェックしても落ちる人はいるかもです。

僕はたまたまURLが条件の一部に入っていただけあって、仮にURLを削除していたとしても、タイトルや見出しがダメだったら落ちていたと思います。

 

上記すべてをやりきったらいっぺさん(@ippe_taicho)に相談してみるのも良いかもしれません。

※僕はコンサルして頂いた時のメリットを提示することで許可頂きました。ただ無料でコンサルしてくれだと受けてもらえないはずですので注意です!

ただしやる気は必要です。いっぺさんのコンサルは本当に丁寧に見てくれるので期待を裏切るのだけはいけません。

 

ポイントまとめ&「そんなにできない!」という方へ

アドセンス合格

今回のまとめです。
チェックポイントにしてください。

ポイントまとめ
  1. 紹介したブログを読み込む
  2. 最低限のチェック(お問い合わせ、サイトマップの作成など)
  3. (記事数が多いひとは)記事を5記事ほどに選抜する
  4. URLの削除(site:で確認も忘れずに!)
  5. 記事の質をあげる
  6. サチコに登録する
はがっち
はがっち
これを一個こなす毎にアドセンス申請してみても良いかもしれません

 

また、そんなにできないよ!という方はやはり、新サイトを立ち上げた方が早いかもです。

現にほとんどの方は新サイトを立ち上げて合格しています。

23日もかかりましたが、これ以前にも自分でやっていたので実質もっとかかっています。

自分のサイトにそこまで愛着がない場合は新サイト作戦の方が良いかもですね。

 

今回、いっぺさんには本当にお世話になりました。ありがとうございました!!

 

また、当記事を読んでくださった方!僕が何か力になれることがあるかもしれないのでお気軽に連絡ください!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です