勉強

大学生がとりがちな資格【簿記&TOEIC】について実体験からメリット・デメリットを解説してみる

こんにちは、はがっちです。

先日大学の友達からこんな話を受けました。

悩むくん
悩むくん
やっぱ就職のためにも資格はいっぱい持っといたほうがいいかな??

まあ、確かに資格は持っていると単に口だけのものではない、目に見える実績として使えるので持っていると強みにはなるのかもしれません。

僕は小さい頃からいろんな種類の資格を取得してきました。

有名どころをあげてみると、

  • 漢字検定
  • 英語検定
  • 簿記検定
  • 速読検定
  • TOEIC
  • GTEC

などなど。

そこで今回は僕が友達に送ってあげたアドバイスと大学に入ってから取得したTOEICと簿記検定について紹介していこうと思います。

はがっち
はがっち
全てにおいて結論は「目的が明確ならとれば?」ということやな〜

TOEICのメリット・デメリット

TOEIC

まずは資格の王様TOEICです。
TOEICは大学のクラス分けや、留学先での実力チェックの際にとりました。

【直前対策】一週間で点数を400点→600点に上げたTOEIC勉強法こんにちは!はがっち(@uzr4b)です。 今日の朝、11月26日に実施されたTOEICのテスト結果が郵送されました。 一週...

上記記事のように大した点数は取れていません笑

最近、「TOEICはいらない!」という意見が結構多いですが、僕はTOEICの勉強をそこそこしてみて良かったと思っています。
なぜならTOEICを勉強したことで海外の最新ニュースや最新の論文が割とすんなり読めるようになったから。

あとは単語力がかなり鍛えられたことかな。

よく「日本人は単語ばっかり覚えて頭でっかちだ!喋れないと意味がない!」という煽りもあります。

しかし、一度留学をした経験から言わせてもらうと、TOEICでもなんでも単語力は一番必要かなと。
単語がわからないと案内も読めないし、スラング風の自己紹介すらできません。
その際、TOEICの受験で勉強した単語力がものを言います。

まあ、就職のためだけに取る必要なありませんね。
海外の最新トレンドをゲットして波に乗っていきたい!という方にはオススメです。

メリット

  • ビジネス単語に強くなり最新のトレンドを追える
  • とりあえず相手の言っていることがわかる(リスニング力もつくので)

デメリット

  • 日本と韓国以外であまり盛んではない
  • 思っているほどステータスにならない

簿記検定のメリット・デメリット

簿記

簿記検定は友達に誘われて、「周りがみんな受けているから受けるか〜」的なノリで適当に勉強して適当に取得しました。

周りの友達は、「とりあえず2級まで取っとくかな」みたいな人がとても多い印象。
僕は3級を取得して「もういいや!」ってなったのですが、真面目な友達は結構勉強しています。

ここまでの文体でわかるかと思いますが、僕は簿記検定はいらないやと感じてしまいました笑

もちろん公認会計士になって企業を救いたい!とか何か目標があるなら最高ですよ?
しかしほとんどの人は公認会計士にはならないけどとりあえず〜的なノリで受験する訳です。

えっと、ここまで愚痴っぽくなってしまいましたが、一応僕は3級を受験し受かったので、勉強法を書いておくと、

  1. 型が新しい参考書をパーッと読み問題を1周だけ解く
  2. 過去問周を9割理解できるまで何周もする

と言った感じです。本番は一つも計算の帳尻が合わない部分はなかったのでおそらく満点かと(僕が受験した回は問題が簡単だったらしい)。

受験して思ったメリットとデメリットです。

メリット

  • 最低限の言葉の意味がわかるようになった(バランスシートとか)

ただこの後に読んだ『金持ち父さん、貧乏父さん』という本を読んだ方が圧倒的にためになりましたし、面白かったです。

デメリット

  • 1級以上持ってないとあまり役に立たないのでコスパが悪い

簿記は1級を取得できたら公認会計士試験の受験資格を得ることができるのですが、2級までは独学でいけても1級はほぼ独学では無理だと言われています。

なので「2、3級を持っているだけでは中途半端&1級は果てしないよ!」という感じなのです。

まとめ:スキルが大事やね

なんども言いますが、大学では資格取得よりもスキル取得に重きをおいて学習する方が圧倒的に良いです。

資格は就職のリスクヘッジのために取る人がほとんどなので、最悪就職しないでもいきていけるようなスキルをつける方が優先度は高いと思いませんか?

ましてやIT検定やビジネス検定などは完全に資格ビジネスの罠に入ってしまっていると思うので自分にとって本当に必要なものなのかを胸に手を当てて聞いてみてから勉強を始めるようにしましょう。

https://hagahiro.com/sikakuirannyo/

こちらの記事で現役公認会計士の方のインタビューもしています。
今回は短いですがこの辺で。

以上、資格ビジネスの闇を知ってモヤモヤなはがっちでした。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です