大学生

大学生の僕が「公認会計士は絶対にやめとけ」と言われた3つの理由

こんにちは!はがっち(@uzr4b)です。

今回は、僕がフィリピン留学中に出会った公認会計士のTさんの話をしたいと思います。

「公認会計士なんて、日本のTOP3資格と言われるほどの最強職業だ、すげえー」
と思いながら

はがっち
はがっち
めっちゃいいじゃないですかー!僕の将来の選択肢候補なんです! 

みたいな感じでTさんに話しかけました。

しかし、Tさんの返事は即答で

「いや、絶対におすすめしないよ」

というものでした。

絶対に…!?

おすすめしないの…!?

そう即答されたので、僕はTさんその理由を尋ねることにしました。

なぜ、Tさんは最高の職業であるはずの公認会計士を絶対におすすめしないのか、そしてTさんはどのような仕事を実際にしているのかをインタビューしてまとめました。

これまでの公認会計士に対するイメージがガラッと変わってしまいます、お気をつけて。

この話を聞いて僕がとった行動も記事に書いてみたのでよろしければ!!(下に記事を貼っています。)

公認会計士はやめとけという3つの理由

Tさんは新卒で公認会計士になって、8年間、法人で働いています。

そんなTさんが公認会計士を目指している人に絶対に伝えておきたいことが3つあると言って教えてくれたのでシェアしたいと思います。

  1. とにかく仕事仕事仕事
  2. 結局あまりお金に強くはなれない
  3. 同僚と常にAIに対して恐怖を抱いている

この3つを話してくれたので、以下深掘りしていきます。

公認会計士は毎日仕事仕事仕事

これは僕もTさんを見ていて感じました。

僕とTさんはフィリピンの留学先の学校でお互い日本人生徒として、出会いました。

Tさんはとても良い人で面白いので僕は常にTさんと一緒に行動していました。

授業が終わって夜になると、僕らは自習室に行って自習をしていました。

もちろん語学留学で英語を学びに来ているので、僕は今日習った文法やスラング、音声を聞いて復習…みたいな感じで毎日自習をしていました。

しかし、Tさんは

毎日2時間ものあいだ、会社から送られてくる資料に目を通してメールで返信をしていました。

これ有休を使っている間ですよ。

その仕事が終わって疲れきった後に英語の勉強をしていたのです。

はがっち
はがっち
ヒィ…

せっかく有休を使って、フィリピンにまできて、楽しく勉強しているのに毎日仕事のことを考えなくてはいけない。

しかも実際に仕事をしなくてはいけない…

僕は学生ながら、Tさんがとてもかわいそうに見えました。

結局お金の流れは見えないらしい

僕はTさんに会うまでは公認会計士も将来の視野の1つに入れていました。

理由は2つあって、

1つ目は、僕の通っている大学は公認会計士試験現役合格率が日本トップレベルで効率よくレベルが高くお金が稼げる職につける

2つ目は、お金に強くなり、お金の流れを読むことができたら投資に強くなるかな、と思っていたこと

です。

Tさんに話したところ、見事に2つ目の理由が撃破されました。

Tさんいわく、

「8年間やってて、お金の流れが見えるようになったことはないよ。見える気配もない」

だそうです。

一応Tさんは京都大学で管理会計を学びながら、資格予備校にも通っていたそうです。

なので、大学四年間を合わせたら12年以上学んでいるはずなのに…

僕はこの時点でかなり失望してしまいました。

AIに変わられる危険が少なからずある

「税理士は近い未来にAIに取って代わられる」

といった議論がありますが、

公認会計士でさえも将来は危ないそうです。

同僚、上司も飲み会ではこの話が毎回出てくるほど、精神的にもきているとのこと。

魔の足音が忍び寄る中、お金の流れも見えないで、毎日激務に走る…

僕は公認会計士を勧めない3つの理由を聞き、即座に将来の職業選択の候補から外してしまいました。

補足:公認会計士は頭が良くても狭き門になっている

これはフィリピンから日本に帰った後、独自に聞き込みをした結果です。

いまは弁護士と同じで、なんだかんだ公認会計士になりたいという人も多いそうです。

そのため、頭のあまり良くない人、中途から公認会計士資格に挑戦する人はおろか、新卒、高学歴という最高の条件でも落ちてしまう人が増えているそうです。

完全に公認会計士の市場は飽和しているとのこと。しかし、「それでもなりたい!」という人が毎年多いそうですね。

じゃあ、どうすれば良いのよ!

公認会計士になりたくて勉強しようとしていた、もしくは勉強していたとういう方も多いでしょう。

しかし、上記の話を聞く限り、「公認会計士になってやりたいことがあるんだ!」という人以外はどうやらやめといた方が良さそう…。

僕なんてお金稼げる安定した職業!と思っていましたから。

じゃあ、実際解決策はあるのか?ということですよね。
僕は思いっきり方向転換をしてプログラミングと情報発信に力を入れています。

https://hagahiro.com/4nen-keikaku/

めっちゃ具体的に書いてみました。
「4年計画で最強の個人になろう」というものなので、別に大学生に限ったことではありませんし、むしろ大学生以外の人にも読んでいただきたいです。

確実にあなたの力になると思って書きました。

最後に

僕はTさんと出会って本当に良かったと思います。

日本トップレベルの職業でさえ、将来的に安泰ではない。

この話を聞き、大学生として誤解していた、1つ大きなことを学びました。

それは、

「必死に勉強して、資格を取ったとしても、時給が少し上がるだけで、本質的に自由に楽しく暮らせるわけではない」

ということ。

資格を取り、良い職業につき、3年ほど働けばある程度の地位は保障され、自由な時間もたくさんとれると勘違いしていました。

改めて将来を考えるいい機会になったとTさんに感謝しています。

 

以上、Tさんのことが個人的に好きすぎてヒッチハイクで会いに行ったはがっち(@uzr4b)でした。
最後までお付き合いいただきありがとうございました!

この話は賛否両論だと思いますので、僕の個人的な意見を述べました。悪しからず…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です