読書

【レビュー】前田裕二著「メモの魔力」の率直な感想

こんにちは、はがっち(@uzr4b)です。

2018年12月24日、僕はかなり前からこの日を待っていました。

なぜか。

「メモの魔力」という今の僕に最も大切であろう本が出版される日だったからです!

僕は前田さんの前著「人生の勝算」も読んでいますが、あの本はいつ読んでもやる気を与えてくれる”やる気ブースト装置”のようなものになっています。

それで前田さんの本は面白いということを知っていたので、
10時開店の本屋さんに10時に行って、カフェで速攻読みました。

想像をはるかに上回る”良書中の良書”だったので(まじでどこから批判する要素が出てくるのかわからないくらいです)、
徹底的にレビューしたいと思います。

カバー外してもかっこいい・・・

「メモの魔力」を読んで得られること

めちゃくちゃありますが、とりあえず一周読んだ感じで書きます。

  • メモも重要性が痛いほどわかる
  • 勉強するときの、ノートの取り方も学べる
  • 自分の人生の軸が見つかる
  • 前田さんのメモの取り方ががっつり解説されていて、型に当てはめるだけで、頭がよくなる
  • 前田さんのメモ帳、就活ノートがみれる
  • やる気が爆増する
  • ストーリーの作り方、伝わりやすいプレゼンの仕方を具体的に学べる
  • 自己分析が徹底的にできる(これ一冊でノート30冊以上は書ける)
  • 抽象化と具体化の仕方をがっつり学べる
  • 細分化&逆算思考という戦略を立てる上で最も重要な概念をワーク形式で身につけられる
  • アイデアが止まらなくなる方法を学べる
  • 面白いタイトルメイキングができるようになる
  • 発想力が身につく、クリエイティブな思考が身につく
  • 本質を見抜く思考が鍛えられる

 

などなど、パッと思いつくことだけをあげましたが、これはほんの一部です。

まじですべての行にメモしたくなったり、マーカー入れたくなるほど、
ムダな文章が一つもありません笑

本の構成

  1. 序章
  2. 第1章:メモで日常をアイデアに変える
  3. 第2章:メモで思考を深める
  4. 第3章:メモで自分を知る
  5. 第4章:メモで夢を叶える
  6. 第5章:メモは生き方である
  7. 終章
  8. 特別付録
  9. 巻末企画

みたいな感じです。1章ずつ一冊の本にできるくらいの情報量があり、学びがとても多いです。

ちなみに巻末付録には僕のTwitterのアカウント名が載ってると思います笑

(多すぎてまだ見つけてませんが@uzr4b というやつです)

これからの世の中でこの本がバイブルになると思う理由

この本でも触れられていますが、これからの世の中はどんどん機械化されていき、人は機械にできないことをやっていかないと、「機械の奴隷」となってしまいます。

便利になり続け、自動化され、

やらなければならないことがどんどんなくなっていく、と。

前田さん曰く、これからは

お金をどれほど持っているか、ではなく、人の感情や共感などといった「内在的な価値」こそが評価対象になるという「価値経済」が大きく勃興することは、ほぼ間違い無いでしょう。

と言います。

そんな中で、「自分のことをよく知って熱中することを見つけ、熱中することができる人が価値をもつ」ともおっしゃっています。

この本ではこうした人間にしかできない力を根本から学ぶことができると考えています。

内容抜粋

メモには2種類ある

一つ目は、「記録としてのメモ」

これは僕たちが普段考えているようなメモです。覚えておきたいことを書き連ねるというもの。

これはロボットでもできるので、この本の主題では全く無いです。

二つ目は、「知的生産のためのメモ」

前田さんは二つ目こそが、「メモの本質」だと言います。

  1. 知的生産性が増す
  2. 情報獲得の伝導率が増す
  3. 傾聴能力が増す
  4. 構造家能力が増す
  5. 言語化能力が増す

ここでは、具体的に述べるのは避けます。

一つずつとても詳しく、述べられているのでぜひ実際に読んでみてください。

一見無関係なものに共通項を見つける

秋元康さん、南場智子さん、鈴木おさむさんがこの能力が高いと言います。

例えば、「前田さんは猟師のようだ」というもの。

一見関係がなさそうですが、この本を読めばこの意味がわかります。

これはかなり重要な能力で、一瞬で相手の記憶に残りますし、印象的なタイトルメイキングになります。

 

僕も例を探してみました。

玉置浩二の「田園」という歌がありますよね。

聞いたことある方はわかるかもしれませんが、

あの歌詞で田園という曲名は普通出てきません笑

天才的な言語化能力があるのがわかります。

しかし、この本を読んで訓練すれば身につく能力なのです。誰でも売れっ子タイトルメーカーになれると感じました。

 

歌詞をみて考えるのが良い訓練方法なのかな〜と思います。

メモの魔力は文章の練習にもなる

この本は、結構むずかしい言葉を使っていたり、
情報量がめちゃくちゃ多いのですが、
かなり読みやすいです。

それは、

「文章のリズムが良い」からだと思います。

生意気にもこんなこと書いてますが、本当にそうなんですよ笑

句読点や、行間、段落の構成などかなり工夫されていると感じます。

ぶっちゃけ、文章力をつけたい人はこの本を”写経”してみればかなりの文章力と、文章術が身につくと思います。

しかも、写経すれば前田さんの思考の深い部分まで読み込めるようになるかと。

「この文をここで区切ったのは、こんな意図があるのか」

「ここをあえて平仮名にしたのはこういった考えがあるのかな?」

など、読んでいるだけでもめっちゃ文章の練習になります。

おすすめですよ!

感性の「自己分析」

これも面白い表現です。

記憶に残る言葉を単語を組み合わせて前田さんが作っています。

ちなみにグーグルで検索しても、こんな言葉が出てきません。完全オリジナルの表現です。

 

最後に

「メモの魔力」、読んですぐに感想として書いたのでまとまりの無い文章になってしまいましたが、今後生きていく上で

”人生の教科書”

となってくる本だとひしひしと感じます。

ノウハウや、具体例をふんだんに入れて行動しやすいようにしてくれているし、
本質の部分を解説してくれているので、根本から人生の目標について考えることができます。

 

ぜひ、読んでみてください!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です