勉強

音声学習の科学的効果と具体的なやり方、オススメツールを紹介

こんにちは!はがっち(@uzr4b)です。

突然ですが、あなたは今時間を作って勉強することができていますか?

なかなか難しいですよね。よっぽど一部の人以外は基本的に一日でまとまった時間がとれるのは1~2時間だと思うのです。

仕事だったり、大学のあまり興味のない授業だったり、アルバイトだったり・・・

勉強のために自由な時間を使うのは惜しいという気持ちはとても分かります。

リラックスしたいですもんね。

 

じゃあどうすれば良いのか。どうすれば効率よく自分磨きの知識を身に付けられるのか。

「音声学習」です。

 

これに尽きます。

音声学習という最近でてきた学習の仕方は実は最強なのです。

これを知っているか、知らないかでインプットの効率は3倍以上にも跳ね上がります。

この記事でわかること
  • 音声学習の科学的な効果について
  • 音声学習のやり方
  • 音声学習に必須のツールの紹介
  • 僕が音声学習をやってみて変わったこと

この記事を読み終わったころにはあなたは音声学習を今すぐにでもやりたくなるでしょう。

 

はがっち
はがっち
音声で聞いていた歴史の話とかフッと言葉に出てくるようになっちゃいました!

音声学習とは?

音声学習とは最近また主流になってきている勉強方法の一つです。

音声学習の科学的効果は?

音声を聞くことは脳科学的に脳にインプットされやすいという結果が出ています。

参照:潜在意識のマネジメント

written by 工学博士:田坂広志

なぜかというと、音声は脳に直接刺激を与えるため、自分の潜在意識に刷り込まれやすいからなのです。

人間の脳には”潜在意識””顕在意識”があります。

「氷山の一角」の例が分かりやすいです。

水面から出ている部分が顕在意識と呼ばれる部分。とても少ないですよね

一方潜在意識とは、水面下に沈んでいる大部分のことを言います。

つまり、潜在意識にまで入ってきた情報っていうのは、脳のとても深いところに落とし込まれるということなのです。

あと、音声は寝る直前や、とても疲れている時に聞くととても効果的だそうです。

 

はがっち
はがっち
脳の中枢にまで落としこもう!

潜在意識と顕在意識については、以下の本にもとても面白く、わかりやすく書かれています。

音声学習のメリット

主なメリットは以下です。

  • 両手が空く
  • 勉強のハードルが低い
  • 学習に対するストレスがほぼない
  • 周りに勉強していると思われない

掘り下げていきましょう。

 

両手が空く

僕はYoutubeなどの動画音声を再生リストを作り、スマホやタブレットに保存して、永遠に聞いています(クリップボックス、ミックスデータというアプリがめちゃくちゃお勧めです)。

具体的には、移動時間を勉強時間にしたり、つまらない授業の時間を自分磨きに使ったりできます。

また、洗濯物を干したり、料理を作ったりしながらでも学習できます。

 

勉強のハードルが低い

音声は本を開いて活字を読んだりするよりもずっとハードルが低いです。

イヤホンをセットするだけなので。

まあ、受動的な点がデメリットかもしれませんが、復讐の回数を圧倒的に稼げるのでやはり音声学習は最高です。

本などは一度読んだら何周もするのは少しおっくうになります(できれば何周もしたほうが良いですが)。

 

勉強に対するストレスがほとんどない

「ハードルが低い」という部分とかぶるのですが、勉強しているという感覚ではなく音が流れているという感覚なのでストレスがほぼ0です。

下記記事で書いているワイヤレスイヤホンと組み合わせると最強になります。

ワイヤレスイヤホン
【徹底レビュー】半年間使ったBeatsXイヤフォンのメリット・デメリットこんにちは、はがっち(@uzr4b)です。 また、素晴らしいアイテムを買ってしまった… ということで、遂にAppleのワイヤ...

僕は一日の中で寝るときと、顔を洗うとき以外は常にワイヤレスイヤホンを首から下げていて1分でも時間ができたと感じた瞬間にBluetooth接続して音声を聞いています。

 

周りに勉強していると思われない

「勉強に対して苦手意識を持っている」

「勉強しているところを見られたくない」

という人にも特におすすめしています。

 

音声学習のデメリット

デメリットもありますね。主に以下です。

  • 流し聞きだと勉強した気になる
  • 集中するには難しい

この2点だと思います。掘り下げてみますね。

 

流し聞きだと勉強した気になる

一番気をつけなければいけないのが、

「勉強した気になってしまう」

ということです。

特に時間で勉強を管理している人は注意ですね。

「今日は6時間勉強したからいいや〜」とかになってしまうと危ないです。

ここまでを確実に覚えて終了、みたいな感じで勉強計画を立てましょう。

集中するには難しい

音声学習をするときは基本的にマルチタスクになります。

家事をしながら、運転をしながら、散歩をしながら、などですね。

 

なので割と注意を傾けないとなかなか定着しないのが動画や書籍と比べてみたときにデメリットになります。

音声学習のやり方とは?

音声学習の方法について書いていきますね!

音声を使って効率的に脳を鍛えよう

ただ流していても効果はあまり即効性はないですし、効率的ではありません。

よく、「英語は適当につけとくだけでリスニング力がつくよ!」という人がいます。別に否定はしませんが、どう考えても効率的かつ効果的ではないです。

例えば、僕の友達のお母さんの話なのですが、その人は洋画が大好きでいつも字幕付きでみているそうです。10年以上は見ているそうです。

しかし、その方は英語はまったく話せない。

 

一昔前にスピードラーニングという英語音声教材が流行りました。

石川遼くんがCMに起用されていましたね。

あれもある程度意識を傾けていないと、なかなか習得はできないです。

ただ垂れ流しにしていても効率的かつ効果的ではないのです。

 

 

では、どうすれば良いのか。

 

 

簡単です。

音声を倍速で聞くこと。

これです。

 

 

音声を早い速度で聞くことによって脳みそはそれに集中するようになっていきます。

また、倍速で聞くことで何度も繰り返し聞く時間ができます。

 

また、音声学習をするなら、同じ音声は何回も聞きましょう。

10回聞いても全然良いです。

むしろ僕は勉強になると感じた音声は10〜20回くらいは聞いています。

それだけ聞くと流石に覚えます。次に何を言うのか、どんな話に発展していくのかがわかるようになります。(残念ながら僕は覚えがめちゃくちゃ悪いので暗唱してみてと言われた時にできませんでした笑)

常識になるまで落とし込む

人生変わる

同じ音声を何度も何度も聞いていると、その音声が自分の常識になります。成功するには、そのレベルまで落とし込む必要があります。

英語のリスニングでも、音声読書でも、YouTubeでも、音声教材でもなんでも良いので気に入った音声、その人の思考をパクりたい音声は何度も何度もくりかえし聞きましょう。

1回目は普通の速度できちんと集中して聞くことをおすすめします。

この時点で雰囲気をつかめればオッケーです。

2回目、3回目あたりから少しずつ速度を速めていって、最終的には2倍速にしてガンガン繰り返して聞きましょう。

マジで変わります。

常識に落としこもう

自分の思考が鍛えられ、とても合理的な行動を取れるようになり、無駄がなくなります。

また、思考を鍛え上げることにより、意外なところからアイデアが浮かんでくることも多々あります。

そして、それまでに思考が完成されていたら、出たアイデアを即座に実行することができます。

おすすめ勉強法

おすすめ勉強法

音声を使った勉強のメリットはここまでで十分伝えました。

では、具体的にどうやるのか見ていきましょう。

聞きたい音声がない、バチっとハマるものがない、と言う場合は本や、教科書などなんでも良いので自分で音読したのを録音して倍速で再生しましょう。

実はこれが1番最強の組み合わせで、

  1. 本、教科書を読む(インプット)
  2. 自分でしゃべる(アウトプット)
  3. 録音した音声を聞く(インプット)

こんな感じでインプットとアウトプットを同時に行うことができるのです。

慣れてきたら、音声を聞いて、なぞりながら口にだすシャドーイングという手法も取り入れてみましょう。

特に英語のリスニング学習において破壊的な効果を生み出します。

おすすめ音声学習コンテンツ

アマゾンオーディブル

まずはやはりこちらでしょう。アマゾンがやっている音声読書サービスです。
おそらくほとんどの本が音声化されているのではないでしょうか??

この記事で紹介した内容がフルで活用できます。
最初の1ヶ月は無料ですので、この機会に登録してみても良いかも知れません。

Voicy(ボイシー)

Voicyというラジオアプリです。

僕のおすすめはサウザーさんというパーソナリティですね。

サウザーさんは不動産で独立した方が資本主義の本質を歴史、宗教などを背景に語ってくれています。

とても博学な方だと感じさせる面白いラジオなので聞いてみてはどうでしょう!

audiobook.jp

日本のオーディオブックのサービスで日本ではトップの音声学習サービスです。

課金型のラジオアプリという感じです。

上記アマゾンオーディブルの方が使いやすいと僕は感じましたが笑

 

Podcast(ポッドキャスト)

ポッドキャストとは、インターネット上にあるラジオアプリです。

僕はポッドキャストを使って「ハパ英会話」を聞いています。

毎日、ネイティブが使う生のフレーズが配信されていてためになります。

 

YouTube

もちろんYouTubeにも音声学習用のコンテンツが多数アップされています。

YouTube音声再生リスト勉強法が最高ですね!気になる人の再生リストをずっと流すというものです。

はがっち
はがっち
地道に積み上げていきましょう!!

最後に:どこでもできる音声学習!

音声学習の1番の良さはなんといっても、

“どこでもできる”

ということです。

歩きながら読書をしたり、スマホで勉強したりするのは危ないですし、第一集中できません。

しかし、音声はハンズフリーで作業をしながらできます。

皿洗いをしたり、トイレに行ったり、たまに満員電車に乗ってしまった時などの、従来ではとても勉強できる環境ではない時に勉強が可能になります。

 

今すぐ初めて思考を鍛え、自分の価値観を根底から変えてしまいましょう。

憧れの人の音声や、面白い本、習得したい言語などなんでも良いのでいまから始めたら最強になりますので

ぜひ、実践してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です