勉強

【直前対策】一週間で点数を400点→600点に上げたTOEIC勉強法

こんにちは!はがっち(@uzr4b)です。

今日の朝、11月26日に実施されたTOEICのテスト結果が郵送されました。

一週間割と勉強してテストに臨んだので、ドキドキしながら郵便封筒を開けてみると…

なんと!点数が爆伸びしていました。

650点

ちなみに10月に受けたテスト結果は434点…

一週間の成果が少しでも出て嬉しかったです。

 

ということで今回の記事は

「TOEICの点数を一週間で200点以上上げた具体的な方法」

という感じで書きました。

 

この記事を読んで欲しい人
  • 就活でいますぐ点数が欲しい大学生
  • 留学審査のためにいますぐ点数が欲しい人
  • 昔、大学受験勉強程度はしていたけどほとんど忘れた人
  • 昇進のためとはいえ、仕事が忙しく勉強時間が取れない社会人の方

あまりネットには載っていない独自に編み出した方法なのですが、すこしでも参考になればと思います。

 

【直前でもいけます】一週間で点数を400点→600点後半に上げたTOEIC勉強法

TOEIC600点レベルはどのくらいの英語力??

最新のTOEIC(2019年4月)受験者の獲得分布は以下です。

  • リスニングの平均:327.1点
  • リーディングの平均:269.5点
  • 合計得点の平均:596.9点

出典:TOEIC公式サイト

600点は平均よりちょい上というラインですね。またリスニングは総じて高い傾向にありますね。

はがっち
はがっち
僕はどちらかというとリスニングができない …

 

一般的にTOEIC600点からが履歴書に書いて、「評価基準に入る」レベルです。

日本人のTOEIC平均は450点(参考:国際ビジネスコミュニケーション協会)だそうなのですが、これは全受験生をいれた中でです。

武器として使いたいなら600後半からになってくるのでしょう。

はがっち
はがっち
つまり、最低ラインってことやな!

しかし、割ときちんと勉強しないと難しいかもです。

僕は一応、私立大学MARCHの一角にセンター利用で入りましたが、それからはほとんど勉強していなかったので、最初は悲惨な点数を取ってしまっています。

 

結論として、TOEIC600点のレベル感は以下です。

  • 平均よりは上と言える
  • 就職活動に使えるレベルの最低ライン
  • 基礎を固めていればいける(とはいえ勉強しないと取れない)

 

TOEIC600点に必要時間は?

一般的に次のグラフが目安とされています。

出典:Toeic Info

はがっち
はがっち
僕の場合、400点から600点だから250時間必要なわけか

う〜ん、まああくまで一般的なデータなので、一概にはいえないですね。

では次から僕の実際の体験にそって書いていきますね!

僕の一か月前の様子は?

約一か月前10月に受けたTOEICの点数は驚愕の434点。

はがっち
はがっち
600点は余裕だべ、700とれるかな~くらいだな。

みたいな会話を友達としていました。

そのときが初のTOEICテストでしたが、実際、本当にそれくらいとれると思っていました。

もちろん、勉強時間は0秒。形式すらしりませんでした。

その結果が400点台…

恥ずかしくて恥ずかしくて、友達に点数を聞かれたときには

はがっち
はがっち
まあまあだったわ。

みたいな感じで適当にごまかしていました。

まとめてみると、

  • 勉強時間0
  • 点数434点
  • 試験中は疲れていたが、最後まで粘った
  • 昼食後の試験中に眠くならないように昼はチョコだけ、という徹底ぶり

こんな感じですね。では次に試験一週間前までを見ていきましょう。

試験一週間前までにしたことは?

はい。正直に言います。

なにもしていません!!

 

あ、一応大学で英語の授業はあります。しかしその時間は読書したり、音声学習をしたりしていたので、授業は聞いていませんでした。

なにもしていないのでこの項目は書くことがないので、次に参りましょう(笑)

はがっち
はがっち
短期集中すぎない!?

試験一週間前からなにをした?

一応今回は”勉強はしていこう”という意識でいたので、きっかり試験一週間前から勉強を始めました。

目標は600点。

この点数を低いよ!と感じる人も、高いなと感じる人もいるでしょう。

 

僕の場合、前回の点数がひどすぎたので、600点という目標にしました。

具体的にやったことをシェアしますと、

  1. 英単語帳をひたすら周回
  2. リスニングの音源をスマホに入れ、移動中に聞く
  3. 模試で時間配分を確認しながら暗記

これだけです。詳しく見てもらえば納得してもらえるでしょう。

 

リスニング、リーディング通して、使う参考書は「金のフレーズ」と「至高の模試600問」の2冊だけです。

では、それぞれ解説していきます。

はがっち
はがっち
2冊を徹底的にしゃぶり尽くす!!

リーディングセクションの対策について

単語に本気をかける

使用した参考書はこれだけです。問題集も買っていません。

使い方を紹介します。

  1. 1周目:既にわかる単語はマッキーで塗りつぶし
  2.  2~5周目:速さ重視でひたすら周回
  3. 6~10周目:わかるようになった単語をマッキーで塗りつぶし
  4. それ以降:③の作業を繰り返し、単語帳の見開きの六割くらいがマッキーで塗りつぶされたらルーズリーフに残った覚えきれない単語を書き写す
  5. 単語帳を捨て、ルーズリーフを完璧にする

こんな感じです。

ちなみに単語帳は

ルーズリーフは

ひたすら周回作業ゲーです。

一週目は二日で終わらせましょう。なにしろ僕らには一週間しか時間がないので。

僕はほぼ毎日夜22時頃までバイトやら授業やらで家に帰れないので、寝る前1時間、起きて1時間は確保しました。

一週間で金のフレーズを9割以上覚えてしまいましょう。

 

(コラム的なところは時間があればで大丈夫です。ただし、多義語とイディオムは必ずやりましょう)

はがっち
はがっち
眠い時は立って歩きながら声に出して覚えよう!辛くてもやる!!

【パート5】文法対策はほぼ暗記する勢いで!

 

使い方は以下です。

  1. パート5だけをを10分から13分くらいで真剣にとく
  2. 答えを見ずに、わからなかった問題を時間があったら解ける問題と分ける
  3. 解答を熟読する(暗記するつもりで)
  4. 翌日、わからなかった問題、偶然あってた問題だけをもう一度解く

こんな感じで、至高の模試に入っている問題だけでもかなりの文法問題がおさえられます。

また、解説にも類似の問題や間違えやすい問題があるので、しっかりチェックです。

はがっち
はがっち
写真をとるか、メモっておいて暇な時間に覚えましょう

【パート6,7】長文問題に時間をかけよう

使う参考書は上記「至高の模試」です。

使い方は以下です。

  1. 時間を測って解く(70〜80分)
  2. 答えを見ず、時間をかけてじっくり解く
  3. 解答解説を熟読
  4. 翌日にもう一度通しで解く

こんな感じです。

 

長文編で解答解説に出てきた「単語」は必ず写真をとるか、メモっておき空いた時間になんども繰り返し見て覚えるようにしましょう。

 

ちなみに長文は文法とは違って、解けた問題も含めて全部繰り返しときましょう。
意外と着眼点が間違っている場合があるからです。

自分の解答の根拠よりも、解答の方が効率の良い解き方を教えてくれます。

リスニングセクションの勉強法とは?

またまた「至高の模試」を使っていきますよ!

はがっち
はがっち
まじでこれが最高

使い方は以下です。

  1. パート2以降をシャドーイング
  2. パート2以降をディクテーション
  3. ②、③を繰り返す

 

パート1はさほど難しくないし、写真問題なので飛ばして、パート2以降を毎日通学の往復40分間ずっと聞きましょう。

特に早送りとかはしていません。

しかし、シャドーイング(音が聞こえたらそれを追いかけて声を出すこと)とディクテーション(音声を聞いて聞こえたものを紙に各作業)をいつもやるようにしました。

はがっち
はがっち
移動中は垂れ流しにするのではなく、シャドーイングをすると良いです!

 

ちなみに、点数が結構低い人(目安としてリスニング200点以下)はディクテーションがとても大切だと感じたのでめんどいですが、1週間だけと割り切ってやりましょう!

英語の細かい発音や聞こえていない音を理解するために大切な工程ですので!

試験2日前からやるべきこと

上記「リスニングの勉強法とは?」のところで紹介した『至高の模試 600問』を時間を測ってしっかり復習しましょう。

一度見た問題でも大丈夫ですが、ここで注意する点は以下です。

  • 試験時間いっぱいを使って解く
  • どのパートにどのくらいかけるのか時間を測る
  • きちんとマークシートにマークする
  • 暗記しても良いくらいゴリゴリやる

という感じです。

本番と同じ緊張感でやるために上記4点は必ずやりましょう!!

TOEICはめちゃ時間が足りない試験ですので、自分が得意なパートに時間をさけるように配分を工夫しましょう。

はがっち
はがっち
僕は文法が苦手だったので、15秒くらい考えて解けなかったら適当にマークして次にいきました!

また時間がないので暗記していてもおっけいです。

試験中意識したこと

TOEICは2時間と非常に長い時間やることになります。

頭に養分を入れるつもりでカカオ入りのチョコレートと、水を先に飲んで置くと良いと思います。

あと大事なことなのですが、

600点台レベルだと全問解ききるのは難しいです。前から順に解いていき、残り時間が5分を切ったらノーマークのところをひたすら埋めましょう。

埋めれば点数がA~Dの4分の一の確率でもらえますが、埋めていなければ0点です。

ここはプライドを捨てて全部時間内に埋めきりましょう。

はがっち
はがっち
地味に超大切なことです!

最後に:1週間でもなんとかなる!

僕は一週間上記の勉強以外一切やっていません。

でも点数は伸びました。一度やってみると良いかもしれません。

一週間を切ったら、ネットで勉強法をあさったり、色んな問題集を解きまくってみたりするより断然コスパが良いです。

はがっち
はがっち
大事なのは選択と集中!!(かっこよさげ)

少しでもいいなと感じて、試してみてくれる人がいたらとても嬉しいです。

あなたの勉強を心より応援しています。頑張ってください

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です